スポンサーリンク

【20210719】渋谷系ってなんや?うんこ食わせる系か?

スポンサーリンク
未分類
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

オリンピックセレモニー音響指揮に抜擢された、

小山田圭吾(おやまだ けいご)氏の過去のいじめ自慢問題が話題になっていますね。

要約すると、

クラスメイトに対して全裸にしてひもで縛って自慰させた。

障害者にうんこを食べさせた。

ということを武勇伝のように雑誌で語ったということです。

この件はわたしは直感で、

小山田氏はいますぐうんこを食って土下座し、

今まで稼いだ金と今後稼ぐ金は全て被害者の方に差し出し、

死ぬまで日陰で暮らすべきか、

もしくは腹を切って死ぬべきである。

と思ったのですが、

こんなことでも賛否両論あるようです。

爆笑問題の太田氏は、次のように語っています。

俺らだって昔のネタはひどかったが、許容されてきた。

(いじめ自慢を)雑誌(ロッキンオン)は通したんでしょう?

今の価値観で断罪するのはどうなのか。

太田光 サンジャポより

90年代は確かにひどかった。

しかし、本当に許容されてきたのだろうか。

スポンサーリンク

五輪に関わるのはNGか

太田光をにらみつけるカズレーザー。

小山田氏が過去に反省したという情報があまりない。

マイナスを埋めることをやってないなら批判されるのは当然。

カズレーザー サンジャポより

「過去に過ちを犯した者は一生表舞台には立てないってことなのか? 」

「そんな潔癖社会なんてクソだ。」

そういう意見があるのはわかります。

過去にもセンテンススプリング、伊勢谷、清原、多目的・・・

みな一度過ちを犯し、叩かれました。

でも罪を償って元気に復活しました。

ただ、小山田氏は過去に何回かいじめ自慢のことを指摘されましたが、

謝罪してきませんでした。

今回、

「障害者を壮絶にいじめてきた過去を持つ男がパラリンピックのセレモニーを担当する」

ということで大いに物議をかもしたため、

しぶしぶ謝ったにすぎません。

開会式は音楽無しでもいい、

という意見も聞かれます。

マイナスイメージが強い小山田氏はオリンピックには関わるべきではない。

スポンサーリンク

鬼畜系って何

オレは浣腸オジサン!コーモンに興味あり!

悪趣味のパワー

鬼畜たちの倫理観

危ない1号

Drug

「危ない」系の本は今は絶対ダメですね。

「危ない」のに興味を持つのは、経済的に余裕がある時なんですよ。

どこういう“すねた本”がうけるのって実は貴族文化なんですよ。

鬼畜系サブカルチャーの終焉/正しい悪趣味の衰退 より

90年代サブカルのなかに悪趣味、鬼畜系というのがありました。

エロ、グロ、死体に興味がある人たちの集まりですね。ヘンタイです。

鬼畜系を楽しむための最低限のルールとして、

「人に迷惑をかけない」

「ギリギリのところでモラルを守る」

があり、実際に鬼畜行為に及ぶことを推奨していたわけではありませんでした。

小山田氏はお金持ちのお家に生まれました。

鬼畜系は貴族文化という言葉がしっくりきます。

しかし人に迷惑をかけた小山田氏は当時の価値観でも一線を越えていた。

スポンサーリンク

清廉潔白な人はいるのか

EXIT(イグジット)のりんたろー。と兼近 大樹

じゃあ、清廉潔白な人っていますか?って思っちゃう

りんたろー。 ABEMA Primeより

清廉潔白な人はいないよ

みんな直接いじめたことはなくても、

いじめられている人を見かけて救ってきたか?

といわれれば大半の人は救ってはいないでしょう。

いじめを見て見ぬふりをするのは、

いじめているのと一緒という考え方もあります。

でも論点はそこではありません。

問題は「人にうんこを食わせたか」です。

一番の問題は人にうんこを食わせたか、食わせなかったかなのです。

わたしは人にうんこを食わせたことはありません。

おそらく多くの人は人にうんこを食わせたことはないと思います。

何度も繰り返しになりますが、

人にうんこを食わせるのは、

鬼畜系サブカルチャーではありません。

それはエターナルでピュアなただの鬼畜であり、

人にうんこを食わせるか食わせないか、

そここそに明確に超えてはいけないラインがあるのです。

なぜ人にうんこを食わせてはいけないのか。

それはうんこを一口食ったら死ぬからです。

スポンサーリンク

まとめ

食糞餓鬼図

越えてはいけないラインを平然と越える俺かっこいい!

渋谷系!

金持ち貴族!

というのが当時の小山田氏周辺の価値観だったということですね。

時代は変わりました。

人にうんこを食わせたいなら、

まずは自分が食うべきなのではないでしょうか。

いじょうです。

スポンサーリンク

追記

曲はよかった

YOUNG, ALIVE, IN LOVE – 恋とマシンガン – / FLIPPER'S GUITAR【Official Music Video】

これの人か・・・。めっちゃええやん。きいたことあるし。

ちょっと調子乗って盛ってしゃべったとかにならんか?

辞任!

小山田氏は開会式担当の4人の作曲家の1人で、開会式オープニング映像とともに流れる4分の音楽を担当したという。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヤマッシナをフォローする
スポンサーリンク
ヤマッシナブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました