スポンサーリンク

朝倉未来vsクレベル・コイケ【予想】

スポンサーリンク
格闘技
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

国内最高の戦い

画像

2021年6月13日RIZIN28にて、朝倉未来対クレベル・コイケの試合が決定しました。

これはファン待望の試合ですね。

最高の寝技か、最高の打撃か。というわかりやすい戦いです。

国内フェザー級のトップの試合だと思います。

スポンサーリンク

朝倉「過去最高の相手」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%82%B1

クレベル選手は27勝のうち23が一本勝ちという驚異のフィニッシュ力を持つ、朝倉選手にとっては過去最高の相手です。

朝倉選手によると、何人か提示された中で一番強い相手を選んだそう。曰く「日本人で勝てるとしたら俺しかいない

一方で朝倉選手は自身のyoutubeで「失神するかもしれないし、腕を折られるかもしれない」と語っています。

そして走り込みをしている、ミット打ちの練習を取り入れている、グラップリングの講師として岩本氏にお金を払っているなど、かつてないほど入念な準備をして試合に臨んでいることを明かしました。

以前は「いつも練習はスパーリングを2時間しかやらない」と言っていたので、大きな変化です。

それもそのはずで、30歳引退を決めている朝倉選手にとってこの試合に負けることは、残りの格闘技人生を茶番(平本蓮戦とか)と若手の踏み台(萩原戦とか)で終わることを意味します。

逆にもし勝てばリベンジマッチである斎藤戦2が組まれるでしょう。

そしてそれにも勝てばキャリアの集大成として(ひょっとしたら)パトリシオ・ピットブル、マックス・ホロウェイら海外の超一流どころと戦えるチャンスが来るかもしれません。

朝倉未来にとってこの戦いは絶対に負けられないのです。

スポンサーリンク

クレベル「1つでもミスしたら絶対逃さない」

悪夢のイメージ

会見でクレベルは朝倉のことを「ベルトを持ってないけどチャンピオンだ」と高く評価する一方で「1つでもミスしたら絶対逃さない」「サブミッション、一本で勝ちたい」と自信ありげに語りました。

また、「カイル戦、摩嶋戦は50%しか出せなかったけど、次は100%の力で行く」と力強く宣言しました。

朝倉選手も「KOしたいです」とやり返しましたが、ちょっと言葉に力がありません。

もしクレベル選手の寝技に一度でも捕まってしまったら・・・一本負けしてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

クレベルは元KSW王者!

でかい!

クレベル選手はポーランドの格闘技団体KSWのフェザー級の元チャンピオンでした。

写真はポーランドのグリヴィツェ・アリーナ(3万人!)で行われたKSW46の様子。

とても大きな大会ですね。

実はプロ格闘技団体の王者になったことがない朝倉選手(アウトサイダーはアマチュア大会)にとってクレベル選手は実績でも上回ります。

スポンサーリンク

朝倉未来有利か

イメージです。

KSW46でクレベル選手とマテューシュ・ガムロット選手の試合が行われ、判定3-0でガムロット選手が勝利しました。

それを見て思ったのですが、ガムロットのスタイルが朝倉未来にそっくりでした!

サウスポー構えで距離を取って戦うガムロット。組まれたら突き放します。

一方クレベル選手は棒立ちのような構えでノシノシ歩いて距離を詰めます。まるで「タックル来るなら来い」といった感じです。

ガムロットはたまに自らガードポジションに入り込んでややこしい展開にしてしまいましたが、スタンドで打撃をたくさん当てたので勝つことができました。

朝倉未来は距離をとってスタンド打撃に徹底しさえすれば、判定で勝てるのではないでしょうか!

クレベルってタックルしてこないし、意外に朝倉が楽勝できるのではないか・・・?

スポンサーリンク

東京ドームのメインで判定?ダメだよ!

東京ドーム

しかしここでひとつの疑問が浮かびました。

地上波で放送される東京ドームのメインイベントで金的、頭突き、ロープ掴みを駆使して判定勝利する!

そんなことが本当にできるのでしょうか??

いや出来ません

なぜなら朝倉未来は斎藤戦で判定勝ち狙いの消極戦法を取り、負けたという結果以上にアンチにここぞとばかりに叩かれまくった嫌な思い出があります。

今回朝倉選手はクリーンファイトでKO勝ちするしかありません。

日本の格闘技界的には朝倉選手に文句なしの実力勝ちをしてほしいものです。

朝倉未来が大活躍しないともりあがらない!

スポンサーリンク

個人的にはクレベルも好き

摩嶋戦のクレベルの吠え

とはいえ、個人的にはクレベル選手は嫌いではありません。

カイル・アグォン戦でのカイル選手の首がコキコキ鳴っているときの異常者感ある表情や摩嶋戦の吠えは大変魅力的でした。

一番はやはりKOパワーを持つ選手ですが、その次にクレベル選手のようにたくさん一本取る選手もいい!

スポンサーリンク

まとめ

国内最高の戦い

朝倉選手がかなり有利

どちらが勝つのでしょうか。今から楽しみですね!

いじょうです。

スポンサーリンク
格闘技
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヤマッシナをフォローする
スポンサーリンク
ヤマッシナブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました