朝倉未来ピンチ!前DEEP王者、弥益ドミネーター聡志戦

格闘技
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

Rizin26大晦日大会に、人気ユーチューバー朝倉未来の参戦が決定。

格闘技ファンは歓喜し、榊原社長は安堵しました。

気になる対戦相手は、9月に牛久絢太郎(うしくじゅんたろう)選手に負けて王座陥落したばかりの、

前DEEPフェザー級王者弥益(やます)ドミネーター聡志選手(以下、ドミネーター)です。

ドミネーターといえば、筑波大学大学院卒で一部上場企業に勤務しながら、

格闘技の国内ビッグリーグであるDEEPでチャンピオンになってしまうという、

エリート二人分の人生を一人で歩む稀代のびっくり人間として有名です。

Rizin初参戦を決めたドミネーター選手の会見はとても印象的でした。

スポンサーリンク

”リスクマネージメント煽り”をキメる

自分はこんな大舞台、みんなが目指している舞台に立つ資格は自分ではあると思っていないが、

朝倉未来選手が復帰戦というところで絶対に落とせないというところで、

自分みたいなただ格闘技を習っているだけの会社員を選び出して頂いたという、

素晴らしいリスクマネジメント能力により座っておりますので、

出来るだけ頑張りたいと思っております。

https://www.youtube.com/watch?v=hQfd63rCN3I RIZIN.26記者会見より

なんか独特ですね。

礼儀正しい中にふんだんに毒を持っている印象です。

これを聞いて思ったのは、「本心は発言とは全部真逆」であるということです。

すなわちドミネーター選手は心の中で

「自分こそがRizinの舞台に立つ資格がある

「自分はただの会社員じゃない。Rizin活躍中の芦田2回シバいてるDEEP前王者」

「朝倉の負けられない復帰戦に当てられた無名のかませ犬ではない」と思っているに違いありません。

そしてめちゃくちゃ気になるワードが飛び出してきました。

リスクマネジメント能力

カタカナ語一発でドミネーター選手=会社員という個性が一気に世間に伝わった、

秀逸な自己紹介だと思いました。

そして「素晴らしいリスクマネジメント能力により」とは、

人気選手のプロテクト目的の格差マッチだらけのRizin運営に対する痛烈な皮肉になっています。

自己紹介煽りを兼ね備えた無駄のないコメントで非常に良かったです。

スポンサーリンク

おとなしい朝倉未来

一方の朝倉未来は前回修斗フェザー級王者斎藤裕選手とのタイトル戦を落とし、

ユーチューブでも叩かれすっかり意気消沈。

今回の記者会見ではトーンダウンしていました。

対戦相手の印象を聞かれて「本番に強い選手」「しっかり準備して臨む」

と謙虚な受け答えに終始していました。

過去にピットブル(パトリシオ・フレイレ)とやりたい、

マックス・ホロウェイと実力に差があると思えないと豪語した、

強気な男はもういませんでした。

一番気になったのは、「昔に戻って狂気的な朝倉未来を出す」

「スタミナを出し切る」「最高視聴率を取る」とは言ったものの

「KOで倒す」「試合に勝つ」と宣言しなかったことです。

謙虚を通り越して自信のなさが伺えます。

スポンサーリンク

ドミネーター選手有利!

前回の斎藤戦が11月で試合間隔が1か月しかなく消耗している未来

前回の牛久戦が9月で試合間隔が3か月で丁度いいドミネーター。

拳を痛めている未来

全部治っているドミネーター。

負けたらすべてを失う未来

負けてもともとのドミネーター。

タイトル戦いい試合できず負けた未来

タイトル戦負けたけどいい試合したドミネーター。

最強幻想が消えた未来

もともとかませ犬なドミネーター。

こうして比べてみるとコンディションとメンタルはドミネーターが圧倒的に有利です。

朝倉未来ピンチ

スポンサーリンク

国内フェザー級朝倉未来包囲網

国内フェザー級戦線。一斉に朝倉未来に襲い掛かる。

とはいえ、どれだけ不利だろうと朝倉未来は何としてでも勝たなければなりません。

何も成し遂げてないのに変な自伝も出版されました。

最強を謳って金儲けしている以上、

ベラトールやUFCのベルトは無理でもライジンのベルトは取らなければならないのです。

でないと優良誤認表示野郎ということになってしまします。

そもそもライジンフェザー級のベルトは朝倉未来のために作られたようなものなのですから、

「30歳で引退しますが結局ライジンのタイトルは取れませんでした。」というのはかっこ悪い。

ですのでドミネーター選手をKO、クレベル選手もKO、ISAO選手もKO、摩嶋選手もKOして、

斎藤裕選手にもリベンジしてチャンピオンになってほしいものです。

少なくとも一回は国内最強を証明しないと。

スポンサーリンク

朝倉未来1RKOか

ほんま楽しみ!

ドミネーター選手は今回会見で「喧嘩させてください」、

朝倉未来も「スタミナ配分せず1Rで終わるような戦い方をする」と語っており、

両者ともに激しい展開を望んでいます。

試合展開は序盤から打ち合いになり、

朝倉未来がドミネーター選手の打撃を食らいながらも、

斎藤選手の鼻を大変形させた強力なパンチを決める!

倒れたドミネーターを見たレフェリーが高速で試合をストップさせ、

朝倉未来の1R1分TKO勝ちになると予想します。

スポンサーリンク

2021年はどうなる

未来ウィキペディア(私作)。

戦績がこんなような感じなら朝倉未来最強名乗ってくれて全然いいですね。

カウンター狙いの待ちスタイルをチェンジさせられるかがカギです。

「来年は格闘技以外で大きなことを3つやりたい」と抱負をツイートした朝倉未来。

今年最後勝って終わって新年を気持ちよく迎えられるといいですね!

いじょうです。

スポンサーリンク

おまけ

かつてアウトサイダーで朝倉海と戦った大井洋一さんのツイートに、

ドミネーター選手が「未来選手相変わらず強すぎて泣きそう」と引用リツイートしています。

2018年9月頃は二人は練習仲間同士だったようですが、会見ではそれは言いませんでしたね。

「相変わらず」ということは以前にも合同練習していて、2回目ということのようです。

「強すぎて泣きそう」とおべんちゃら風ツイートができることからかなり関係は良さそう、

少なくとも今後戦うことを想定してなさそうに見えます。

なんだかドミネーター選手が空気を読んで手心を加えるような気がちょっとしてしまいますね。

関係なくバチバチにシバきあってほしい!

スポンサーリンク
格闘技
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヤマッシナをフォローする
スポンサーリンク
知らスシ東京

コメント

タイトルとURLをコピーしました