スポンサーリンク

ケニーGとバダサイが喧嘩

スポンサーリンク
ヒップホップ
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

西東京のブルックリン、福生(ふっさ)市を代表するヒップホップアーティストKenny Gさん(以下、ケニーG)と、

舐達麻のリーダーBADSAIKUSHさん(以下、バダサイ)が揉めています。

二人とも音楽家になる前は生粋の悪(thug)であり、

この二人が喧嘩することになれば単なるビーフで収まらず、

表社会と裏社会を巻き込んだ大戦争になると言われています。

HIPHOPの世界では喧嘩のことをビーフ(beef)と言います。

スポンサーリンク

ケニーGはサグ(thug)

福生の路上でサイファーするケニーG

ケニーGはサグ(悪)です。

素顔は一切公開せず常に目出し帽をかぶっています。

薬物の売買や●人をほのめかしており、いわゆるサグラッパーとは違う本物感を身にまとう数少ないアーティストです。

怖すぎる

スポンサーリンク

バダサイもサグ

アムステルダムでマリファナを喫煙するバダサイ。

バダサイもサグです。

援交狩り、金庫荒らし、薬物の売買を経てラッパーになりました。

人生経験を説得力あるリリックに変換して人気を得ました。

中3の頃ナンバープレートのない自動車を乗り回していたそうです。

スポンサーリンク

バダサイ、ケニーGにボコられる

同じエレベーターにkennyGさん、

バダサイ、デルタで乗ったようですが

その時にkennyGさんがバダサイが気に食わなかったらしく、

殴ったようです。

バダサイは何も仕返しできず、

デルタに関してはを向いて黙っていたそうです。

ヤフー知恵袋より

上記は2020年5月ごろの「ヤフー知恵袋」の書き込みです。

DELTA9KID(以下、デルタ)とバダサイが渋谷にある某クラブで飲んでいた時、

たまたま居合わせたケニーGに因縁を付けられ、一方的に殴られたようです。

「お前は壁見とけ」と言われたデルタは大人しく壁を見ていたなど、

噂にしては妙に詳細なため、信じる人が続出しました。

ヤフー知恵袋は便所の落書きこと2ちゃんねると同じかそれ以下のコミュニティ。この時点では信じられない、怪しげな情報だった。

スポンサーリンク

バダサイ、ケニーGにすり寄る

そんなてめえが殴られた殴られねえの事実を

消したいがために俺に近づいてきて

・・・(中略)・・・

てめえのその俺に殴られたとかそういう

SNS上の噂をかき消すだけのために近づいてきた

それをもみ消すだけのために。

KENNY-G インスタライブより

2020年6月ごろ、バダサイの方からケニーGに

日本一のラッパーにしてあげる。一緒に曲をやろう」

ともちかけました。

曲名は「アウトロー

ケニーGはこれに合意し、

8月にはレコーディングを行い、

MV撮影まで済ませました。

2020年7、8月ごろにインスタにおいて、

舐達麻とケニーGが一緒に写っている写真が複数投稿されたため、

ファンの間では「舐達麻とケニーGのコラボがくる!」

「揉めてなかったんだな」と話題になりました。

バダサイの目論見通り、殴られた事実は消えつつありました。

喧嘩が強い設定のバダサイとデルタが無抵抗で殴られたという悪い噂は消え、舐達麻のブランドイメージは守られた。

スポンサーリンク

バダサイの裏切りにケニーG発狂

誰に空気入れられたか知らないが

もう少しさー

綺麗に蹴散らしてよ

したら俺もさー

面食らって

黙ってんのによ

全てあの時4時間もお前と

電話した時から

俺は気づいてたぜ

曲を出さないって

お前の気持ちあの電話の時からなぁ

ケニーGさんのインスタストーリーより

怒りをあらわにするケニーG。

ケニーG発狂の原因はバダサイの行動にあります。

2020年10月にバダサイが京都の大御所ラッパーAnarchy(以下、アナーキー)とのコラボ曲「DAYDREAM」を発表したにもかかわらず、

その一方でそれより前に収録したはずのケニーGとのコラボ曲「アウトロー」は発表しなかったからです。

ケニーGの周囲では、

「舐達麻とコラボしたんじゃないの?いつ出るの?」

という声が高まります。

しかし、待てど暮らせど曲は発表されません。

録音から一か月以上放置され面子を潰されたと感じたケニーGは、

ついに激怒してしまいます。

ケニーGはインスタライブで「アウトロー」の一部を勝手に放送し、

こんな曲いらねえと中指を立て「ファッキュー、マザ↑、ファカー↑」を連呼。

バダサイに日本一のラッパーにしてあげると嘘をつかれた怒りと悲しみ、

格差の嫉妬からくる罵詈雑言を垂れ流してしまいます。

そしてコラボ曲のみならず、

バダサイとの4時間もの通話内容の一部も流してしまいました。

二人だけの通話を録音して一方的に暴露するのはなんとも卑劣ですね。

スポンサーリンク

ケニーG、電話の内容暴露

バダサイ「ケニー君との曲作っていくって話なんですけど・・・噂で止まってると思ってたんだけど」

ケニーG「何か俺、何がしたいのかなってなっちゃってるんですけど・・・」

バダサイ「えっと・・・誰が?」

ケニーG 「いや、バダサイ君が」

バダサイ「えっと・・・どうして?どうして?」

ケニーG 「どうしてってそれでまあその湧いてる人間もわかりますよ。

結局それも俺が止めてるわけですよ。

今回の曲としてやってくって言い分でこの間それで終わりましたよね。

そんな風にしましょうって。

曲作っていきましょうって。

結局じゃあその他の要求してる人間っていうのは、

結局すぐにその自分はその曲作りに対してどれくらい時間がかかるのとかわかるじゃないですかその苦労が」

バダサイ「はい。そうっす」

ケニーG「結局わからない人間っていうのは・・・要求してきますよね?普通に。だってわからないんですもんその苦労さが」

バダサイ「はい」

ケニーG「その言い分はわかりますよね?じゃあ」

ケニーGとバダサイの通話聞き取り書き起こし

この電話はいつ頃なのかわかりませんが、

バダサイは「(曲の話は)噂で止まってると思ってた

と言ってますね。

バダサイとしては、

曲をリリースする気は全くなかったのが伺えます。

この通話音声だけなら、

じゃあなんで曲作ったの?何がしたいの?

というケニーGの気持ちもわかります。

しかしながらケニーGの

要求してる人間」という表現が気になります。

何かを要求しちゃう人間がいて、

それをケニーGが止めているらしいです。

これは本当かどうか怪しいですね。

この通話を聞く限りどっちが悪いのか全然わかりません。両方あんまりかっこよくないのはわかります。

スポンサーリンク

警察がきた

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-7.png

警察沖縄に来てって

・・・(中略)・・・

いやなんの件で来たかはわかんねえって

ケニーGインスタライブより

舐達麻たちが沖縄にいるときに警察が来ました。

そのこともインスタライブで暴露したケニーGさん。

バダサイとの二人だけの会話をこうやって公表しちゃうケニーGさんは女々しいですね。

女々しいという表現はこの令和の時代にはふさわしくないのですが、

このインスタライブは声の低い女子高生かなと錯覚するほど、

話の内容もしゃべり方もメンヘラ女みたいでマジしんどいです。

何回も聞きなおしたい声ではなかったので覚えている範囲で書きますが、

大まかにいうとバダサイさんとケニーGさんのセッション動画を、

バダサイさんがお蔵入りにしたのが揉め事の発端らしいですね。

バダサイさんは音楽に本気なので、

気に入らないテイクは世に出さない主義です。

過去にも孫ゴングさんとの曲がお蔵入りになっています。

バダサイとケニーGさんのセッションは2020年6月で、

4か月たった2020年10月になっても公開されないからケニーGさんは怒っているようです。

ではなぜバダサイはお蔵入りにしたのでしょうか。

インスタライブによると、

「ケニー君とやると警察に目を付けられるから今後の活動がやりにくくなる」

からだそうです。

バダサイは捕まらないからいいけど、

違法大麻を肌身離さず不法所持してるGプランツさんとデルタナインキッドさんが警察に捕まると、

舐達麻の芸術が出来なくなりますからね。

仕方がないことなのです。

スポンサーリンク

コラボ曲はお蔵入り

アウトローのMVは一部のみケニーGのインスタ内で見ることができます。

レコーディングしてMV撮って編集までしてるのに、

お蔵入りなんてことがあるのでしょうか。

真相はわかりませんが、ケニーGさんは

「このシングルの売り上げはフィリピンの恵まれない子たちに寄付します」

と投稿しており、

手元に残る作品として発表される可能性はあります。

「アウトロー」は現在youtubeでフルで聞けます。探して聞いてみましょう。

スポンサーリンク

マッチポンプ(やらせ)か

50centはgameを拾った。

gameは50centのおかげででかくなった。

そのあとgameは何した?

50centをディスった。

ヒップホップ勉強しな。

それをやってるだけ。

再現してるだけだぜ俺は。

そういうラップが好きなんでしょう君たちは。

それにまだ誰も気づいていない。

ケニーGのインスタライブ

昔のアメリカのヒップホップの歴史、フィフティ・セントとゲームのビーフを引き合いに出し、

今回の騒動もビーフであることを強調するケニーG。

ですので、今後和解して楽曲が公開される可能性は大いにあります。

ヒップホップではビーフ(抗争)によって注目を集めて、

盛り上げるという手法がしばしばとられます。

バダサイ=50セント、ゲーム=ケニーGということでしょう。日本版ビーフ!

スポンサーリンク

まとめ

2020年1月20日のケニーGさんのインスタ画像より引用。仲が良かったころの貴重な写真。

ここまでケニーGからしかまだ情報発信がないので、

バダサイからの発信が待たれます。

しかしバダサイの方が実力と知名度がはるかに高いため、

かつてクレバが般若その他ラッパーからのディスを完全に無視したように、

バダサイも無視するかもしれません。

今後の展開の可能性としては、

1.双方からディス曲の応酬によりヒップホップ界が盛り上がる。

2.バダサイが完全無視し、フェイクなアイドルラッパー扱いになりヒップホップ界が盛り下がる。

3.人殺しでケニーG逮捕&死刑、バダサイ天国で104とサイファーであの世が盛り上がる。

などですね。

どうなるかはわかりません。

バダサイがやらなきゃいけないことは、

黒い繋がりを匂わせ暴力をちらつかせる、

怒れるケニーGの手から逃れるために、

警察に駆け込んでほとぼりが冷めるまで、

刑務所にいた方がいいかもしれません。

「警察は迷惑で不必要」などと言わず、

ここはいったん自首して、

生きながらえるべきではないでしょうか。

またケニーGさんはラッパーとしての美意識があるなら、

初手SNSで愚痴はダサいので、

一刻も早く舐達麻ディス曲を発表して、

ヒップホップ界を盛り上げてほしいですね。

以上です。

コメント

  1. これ書いてる人間の好き嫌いがよくわかる記事
    客観性が全くないのであまり信頼できる情報ではないが読み物としては滑稽でおもろい

    • 読んでいただきありがとうございます!

  2. 暴力団のラッパーが逮捕されたとヤフーニュースで読みましたが、ラッパーを全く知らないケニーGやバタサイって誰って感じです。
    でもこちらを読ませて頂き、人物像や大まかな流れは把握することができました。
    覆面で顔を隠しているのは暴力団だとわからないように身元を隠す為なんでしょうか?
    フィリピンの子供たちに寄付ではなく山口組に寄付の間違いではないでしょうか。。。

    • コメントありがとうございます!

  3. おもしろかった

    • 読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました