ドラッシナ 第三話

あたおか

前回

こんにちは、ドラえもんです。

前回、二つの問題がありましたよね。

ジャイアンがしずかとのび太の間に生まれた水子を食べちゃうというのと、

結局ジャイ子が嫁に来ちゃうっていうのがあって、

その両方を一手で解決する方法として、ウルトラミキサーで剛田兄妹をミックスして社会から葬り去るってことをしたんですけれども、

ウルトラミキサーでできるキメラってせいぜいこのくらいやんか(下図参照)。

犬と猫でやったらほとんど犬みたいなキメラになるのになんで剛田タケシと剛田ジャイ子でやったらこんなことになるの?

こんなド奇形がうごめいてたら町がパニックになるやん。

というわけで連れて帰ってきたんやけども、

「殺しなよドラえもん。」

のび太は無慈悲に言い放ちました。

ドラえもんは何度も殺そうと思いましたが、なかなか殺せませんでした。

なぜならこのキメラを一匹殺すと、二人殺したことになり、二人殺人は死刑の可能性がかなり高くなるからです。

「こまったな。とりあえずかくそう。」

ドラえもんはそういうと、着せ替えカメラを取り出しました。

「ドラえもん、着せ替えカメラなんかだしてどうするつもりだい?」

のび太は尋ねました。

キンタマジュニアの皮がある。とりあえずこれで隠すんだよのび太君。」

パシャ。

いかにもカメラのシャッター音らしいシャッター音の後、静寂が訪れました。

剛田兄妹は、ピッコロさんの陰嚢にすっぽり収まったのでした。

ドラッシナ 第三話(終)

つづき

コメント

タイトルとURLをコピーしました