自分本位な人間である私が老人ホームでボランティアした話

英語

仕事をやめた私は現在、毎週末すんでる地域の老人ホームにボランティア楽団の一員として訪問し、やく1時間歌ったり演奏したりするボランティアに行っております。

高齢化社会って言われていますが、いまや日本人の3人に1人がお年寄りだそうです(多分)。

そこで私の主張は

一回ぐらいは老人ホームに行こうよ

ということです。

なぜかと言うと、

  • 本当のお年寄りを知らない
  • 将来自分も行くから下見を兼ねて
  • やさしい人たちに出会える

という理由からです。これからその理由を説明します。

社会福祉に貢献したいとか崇高な気持ちはあまりありません。そして興味が無くなったり労働が割に合わないと感じたら即去りでいいと思います。

本当のお年寄りを知らない

「お爺さんが毎朝日課にしている体操に付き合う介護士の女性」の写真[モデル:まーちゃん yumiko]
https://www.pakutaso.com/20180911253post-17386.html

普段都会で生活していると高齢化社会の実感がありません。なぜなら日常からお年寄りを排除しすぎているからです。

街で見かける白髪のいわゆるお年寄り然とした60-70代の人々は実はお年寄りではありません。自力で歩行している時点で若さを感じるからです。彼らはもはや白髪の若者といえます。

そして30代である私はさながらクソガキといったところでしょう。

老人ホームで70-90代のおじいちゃんおばあちゃんを見ると、これらをはっきりと認識できます。

現実を認識する数少ない機会です。

将来自分も行くから下見を兼ねて

地域の老人ホームを回ることで下見も兼ねています。

30代で老人ホーム物色は我ながら変わっていますが、いいんです。

見たことのないものは見てみたいんです

やさしい人たちに会える

「大きくOKするヘルパーさん」の写真[モデル:yumiko]
https://www.pakutaso.com/20180952255ok-9.html

ボランティアで老人ホームをまわっている楽団の方たちは、当たり前かもしれませんが親切で優しい人たちです。

赤の他人に親切にされるのはバンクーバー留学以来なので、心が洗われました。

細かい会話の内容は覚えていませんが、表情、声、話し方が柔らかかったです。

裏で悪口言う人もいません。

こういう人たちと一緒に仕事をしたいですよね。

ブラック企業のクソ上司ら腐れジジイ共で消耗した心が多少癒されました。

本当のお年寄りとは

私が訪問した老人ホームでは1フロアに70-90歳のお年寄りが30人ほどいて、全員車いすでした。

そのうち10人は車いすの上で寝ていました。自力で歩行できる人がいませんでした。

そのなかに1人大声で虚空に向かって罵声を浴びせているお年寄りがいました。

「うるさい!馬鹿タレが!」「旦那が!旦那が!」

誰かとしゃべっているのかと思うほど延々と声をあげていますが、職員も他の老人も気にしていませんでした。聞くと認知症の方とのことでした。

誰かしゃべってあげないのかな?俺が話しかけたらどうなる?と思う反面、毎日こんな調子で、きっと話しても無駄だからみんな無視しているんだろうな、と思いました。

そこにいるはずのない旦那さんに向かって怒鳴る毎日。ああ、これが社会問題になっている現場なんだと、非日常といえる空間に来たことをかみしめました。

ここでふと自分のいる空間を見渡すと、普通の施設ではないことに気が付きました。メンバーの方が来るまで内部を観察しました。

段差のない広い通路

車いす同士が余裕ですれ違えるレベルに広い通路でした。幅は計っていないのですが、5メートルくらいあります。病院の通路より全然広くて、まるで部屋みたいな廊下でした。

入居者全員車いすなのだからよく考えてみれば当たり前なのですが、驚いてしまいました。

エレベーター

1F行きのボタンは職員でないと押せないようになっています。帰るときはいちいち係の人を呼ばないといけません。

たまに来客とともにエレベーターに乗り、そのまま脱走する入居者がいるそうです。

24時間気が抜けない仕事なんだなと思いました。

エレベーター前のスペースが広くて誰もいなかったので、メンバーがそろうまでそこで待っていました。

いよいよ歌う

楽団の方々がそろい、いよいよ歌うことに。とても緊張しましたが、恥ずかしがってもいられません。

ところが演奏に合わせてお年寄りと一緒に歌おうとしたんですが、知らない曲が多くてほとんど歌えませんでした・・・。いる意味ないかもと思っていると、

口パクでいいので一緒に歌ってあげるとお年寄りもつられて歌いますよ」

といわれ、なるべく大きく口をパクパクしました!

冬の曲が多かったですね。冬ですからね!(これ書いてるの2020年1月か2月です。)

老人ホームで歌う曲とは

歌ったうたをユーチューブから無断転載しておきます。

見事に知らない曲ばっかりで残念です・・・。練習しないと。

♪たき火 – Taki Bi|♬かきねの かきねの まがりかど たきびだ たきびだ おちばたき♫【日本の歌・唱歌】
文部省唱歌 冬の夜

銀色の道
スキー 文部省唱歌
芹洋子 「四季の歌」 YouTube
わらべうた かぞえうた (お正月の歌)
りんごの唄 並木路子 昭和うた
雪山讃歌 ダーク・ダックス
今日の日はさようなら

口パクとはいえ、やく1時間歌いっぱなしだと喉が渇きますね。ちょっと疲れましたが、たのしかったです。

いいことだらけの老人ホームのボランティアですが、一方で嫌なことはないのでしょうか。

老人ホームのここが嫌だ

「それは絶対にダメです! (女性介護士)」の写真[モデル:yumiko]
https://www.pakutaso.com/20180953255post-17431.html

まだ数回しか行ってないのでなんともいえませんが今後嫌な目に合うかもしれません。

あったらリライトします。

嫌ではないけどちょっと気になったことを書きます。

ジロジロみられる

けっこう見られます。

私が不審者ではないという保証はどこにもありませんので仕方がありません。

楽器を持っていればまだ怪しくなかったかもしれませんが。

結構視線に遠慮がないので緊張します。見ないで~。

お年寄りは情緒不安定

お年寄りは情緒不安定というか、ニコニコご機嫌状態から急転直下激怒したり、歌ってたかと思ったら次の瞬間寝ていたりするので結構気が抜けません。

まだ私は怒られたりはしていませんが、今後覚悟なしで行くとキレられて悲しい思いをするかもしれません。

トイレいけなかった

演奏は約1時間で、拘束時間もだいたい1-2時間で済むのでトイレは我慢となります。

途中なんかちょっと行きたいなと思ったんですが、入居者の方のためのトイレを使うとおもったら気が引けてしまいました。

俺って意外にそういうところ気にする人だったんだなと自分の知らない一面が発掘できてよかったです。

しかし今後は行くかもしれません。大便漏らすよりはトイレに行った方がいいからです。

まとめ

ということで、週末は老人ホームのボランティアに行くことにしました。

みんなもいこうよ!

終わり。

画像について

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com) からとってきました。

モデルはyumikoさん、
カメラマンはすしぱくさんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました