スポンサーリンク

【英語】三人称視点に慣れろ!

スポンサーリンク
未分類
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

英語は三人称視点。

三人称視点に慣れて、

英語にも慣れたい。

スポンサーリンク

方丈記

https://www.pakutaso.com/photo/43667.html

行く川のながれは絶えずして、

しかも本の水にあらず。

よどみに浮ぶうたかたは、

かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。

これは一人称視点。

うたかた=泡

スポンサーリンク

奥の細道

https://www.pakutaso.com/20180620158post-16429.html

月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。船の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日々旅にして旅を栖(すみか)とす。古人も多く旅に死せるあり。予もいづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年の秋、江上の破屋(はおく)に蜘蛛の古巣をはらひて、やや年も暮れ、春立てる霞の空に、白河の関越えんと、そぞろ神の物につきて心を狂はせ、道祖神の招きにあひて取るもの手につかず、股引の破れをつづり、笠の緒付けかへて、三里に灸(きゅう)すゆるより、松島の月まづ心にかかりて、住める方は人に譲り、杉風(さんぷう)が別所に移るに、草の戸も住み替はる代ぞ雛の家表八句を庵の柱に掛け置く。

これは三人称視点っぽい。

「船の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は」の部分、

船の上にと言われると漁師か渡し舟のこぎ手が頭に浮かぶが、

すぐ馬の口とらえてと言われると「え、馬?」ってなった。

漁師のことを言ってる途中で調教師の話題に急に移ったように感じた。

この視点の振られ方が三人称視点っぽいと思った。

こういう文章がとっても苦手なので克服したいと思った。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヤマッシをフォローする
スポンサーリンク
ヤマッシナブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました