スポンサーリンク

【バンタム級】ピョートル・ヤンUFC史上初失格で王座陥落!

スポンサーリンク
格闘技
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

UFC259でバンタム級のチャンピオン、ピョートル・ヤンが負けました。反則の膝蹴りで相手に大ダメージを与えてしまいまさかの失格・・・。

以下は試合後の記者会見で本人から語られた反則したときの状況です。

“I did not really hear the coaches, I was focusing on his hands (they were off the ground), I thought he was, like, squatting, I did not realize his knee was on the ground.”

“That was a championship round, the belt is on the line, I was winning the fight, I would not risk it all by deliberately doing something illegal”

https://www.youtube.com/watch?v=061Krj6jBYYのコメ欄

コーチの声はあまり聞こえませんでした。私は彼の両手に集中していました(彼の両手は地面から離れていました)。彼はしゃがんでいるようで、膝が地面に付いていることに気づいていませんでした。」

「それはチャンピオンシップラウンドでした、ベルトはライン上にあります、私は戦いに勝っていました、私は故意に違法なことをすることによってそれをすべて危険にさらすことはありません」

ヤン選手が申し訳なさそうに話していたのが印象的でした。

金網の外では謙虚で上品な性格が魅力でもあります。

試合の流れ的にはヤンが押していたので、慌てなくていい状況でした。

しかもタイトルマッチなので反則になるかもしれないリスクのある膝を出す必要はなかったということですね。

でも膝蹴りしました。完全に判断ミスだと思いました。

スポンサーリンク

コーチ「パンチだ、パンチで行け!」

Punch, just punch!

https://www.youtube.com/watch?v=g3EBSlJgzx8

ヤン選手はこの相手の両手を封じて頭でプレッシャーをかけてるときにセコンドに多分「どうしたらいい?」って聞いていると思います。

コーチは「パンチだ!」と叫んでいましたが、ヤン選手には聞こえず勘違いをして膝を出してしまいました。

ヤン選手はセコンドの方をチラッと見て「Yes!」と言ってから蹴っているようにも見えました。

セコンドとの連携ミス、判断ミスで自爆と言った感じですね。

反則打を出させたスターリングの勝ちです。

スポンサーリンク

新王者スターリング!

ヤンの反則による失格でアルジャメイン・スターリングが新王者になりました。

反則が無ければ劣勢だったのでラッキーということになります。

なぜか拳を突き上げるヤン

スターリングはフラフラと歩いて崩れ落ちる動きをしたため、ロシアのファンやライバル選手たちから「アクター」だとか「オスカー賞」だと叩かれてしまいました。

おそらく再戦(ダイレクトリマッチ?)はあるでしょう。見ものですね。

棚ぼたベルトを守れるか?アルジャメイン・スターリング!

スポンサーリンク

引退したヘンリー・セフードが酷評!

混乱して試合できなかったのにインタビューとツイートは出来るのかよ。

これってオリンピック金メダリスト(注:セフードのこと)が全スポーツ選手中一番偉いってことだよね!

でも、スターリングはハリウッド行けるよね。嫌いじゃないけど・・・

試合を見たヘンリー・セフード(去年引退した元UFCバンタム級チャンプ)がこのような知性のないツイートを投稿していました。

内容は他人のプチバズツイートのパクリで画像もパクリです。

スポンサーリンク

謝罪と見せかけてピョートル・ヤンをジャガイモと罵倒!

パクツイがバズってしまいまずいと思ったのか、言いすぎたと思ったのか、ピョートル・ヤンが悪いと思ったのかはわかりませんが、その後セフードは「今回だけ謝ってやるよ」と謝罪動画を投稿しました。

しかしながらよく聞くと内容は謝ってるようで謝ってない(sorrynotsorry)、炎上芸みたいな感じです。

Aljamain Curling Silver Sterling versus the Ugly Potato Petr Yan. That fight, I thought Petr Yan was fighting a great fight. I think kudos to him, he was patient, his defense was on. He was well aware of Aljamain’s spinning elbows, kind of knees flying through the middle even though Aljamain did catch him once. I will say something about Aljamain Sterling, He tried to fight the same fight that he fought against Pedro Munhoz and that does not happen in a five round fight. So, if I was to give Aljamain Sterling, Curling Silver, some advice it is you need to understand your threshold man. You ain’t going to get rid of somebody in three, especially a caliber athlete like Yan. You need to understand your threshold. How you can finish the race correctly within five rounds. Anyhow, he eventually ended up getting hit with an illegal knee and that was that. I do want to apologize to Aljamain, I really do. Because I was a little upset and a little mad, but at the same time… I was more mad at the fact that he ended up doing the interview and then the tweets and I saw the pictures with him with the belt. And man, it just rubbed me the wrong way. But at the end of the day it was an illegal strike by Petr The Ugly Potato Yan and for that reason that’s just the way the fight goes. They’re going to have a rematch. I don’t think it’s going to change, man.

アルジャメイン・カーリングシルバー・スターリング対醜いポテトピョートル・ヤン。その戦い、私はピョートル・ヤンが素晴らしく戦っていると思いました。私は彼を称賛するべきだと思います、彼は忍耐強く、彼の防御は続いていました。彼は、アルジャメインが一度彼を捕まえたにもかかわらず、アルジャメインの回転する肘、真ん中への飛び膝がよく見えていました。アルジャメイン・スターリングについて何か言いますが、彼はペドロ・ムニョスと戦ったのと同じ戦いをしようとしましたが、それは5ラウンドの戦いでは起こりません。だから、もし私がアルジャメイン・スターリング、カーリング・シルバーにアドバイスするとしたら、あなたは自分の限界値を理解する必要があるということです。あなたは3ラウンドで誰かを、特にヤンのような一流のアスリートを退けられません。あなたはあなたの閾値を理解する必要があります。 5ラウンド以内にレースを正しく終了する方法。とにかく、彼は最終的に違法な膝で打たれることになりました、そしてそれはそれで終わりました。アルジャメインに謝罪したいのですが、本当にそうです。私は少し動揺して少し怒っていたのですが、同時に…彼がインタビューとツイートをしてしまい、ベルトで彼と一緒に写真を見たという事実にもっと怒っていました。そしてなんていうか、それは私の神経を逆撫でたのです。しかし、結局のところ、それはピョートル・ザ・アグリー・ポテト​​・ヤンによる違法な打撃のせいです。彼らは再戦するつもりです。それは変わらないと思います。

スターリングに謝ると見せかけて、何回ピョートル・ヤンのことを「ブサイクなジャガイモ」を連呼したのでしょうか。

新たな遺恨を作って復帰するつもりなのでしょうか。

バンタム級から目が離せません!

スポンサーリンク
格闘技
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヤマッシをフォローする
スポンサーリンク
ヤマッシナブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました