サウスパーク感想 Starvin’ Marvin s01e09

s01

「腹ペコマービン」

アメリカの感謝祭とアフリカ食料問題を絡めた話。

アメリカにおける消費主義と途上国を利用した貧困ビジネスに対する皮肉が込められています。

Starvin' Marvin
While trying to get a free promotional digital sports watch, the boys end up contacting an organization that helps starving children in Africa. Mistaking Cartma...

トリビア

サリー・ストラザース

By Kingkongphoto & www.celebrity-photos.com from Laurel Maryland, USA – SALLY STRUTHERS, CC BY-SA 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=74878182

サリー・ストラザースはアメリカの女優で、発展途上国へのチャリティー活動を行っています。

しかしとても太っているので本エピソードでは支援食糧を盗み食いしていると揶揄されてしまいました。

サリーは本作まではサウスパークのファンだったので、今回の扱いにショックを受けたそうです。

マットとトレイ(作者ら)は、サリーのことを、

「自分は太っているのにガリガリに飢えている子供の寄付を募っているというだけで、別に悪い人ではない」

としています。

third world countries  第三世界。 発展途上国

なお今回死ななかったサリーは続編でさらに太った状態で再登場します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました