サウスパーク感想 The Scoots s22e05

s22

「スクーツ」

ハロウィン前夜のサウスパーク。町中にスクーターが置かれていて、普段と様子が違います。

スクーターに乗ってトリックオアトリートすればたくさんお菓子が集められることに気が付いた子供たちと、例年よりはるかにたくさんのお菓子が必要になった大人たちとの騒動が描かれています。

今回は2018年トレンドのシェア・スクーターの話題が取り入れられています。

The Scoots
This year, a revolution in mobility is changing Halloween for everyone. Chaos erupts as every kid is out to get more candy than they have ever gotten before. Mr...

トリビア

初めてしゃべるケニーとウェンディ

スマホを買う金も無くスタンたちに仲間外れにされたケニーは女子の元へ行くシーン。

「私たちと一緒にトリックオアトリートがしたいの?なんで?」

ケニーとウェンディは最初期から2人ともいたのに、会話したのがなんと今回が初です。

信じられませんが、たしかにケニーとウェンディがしゃべってるシーンは思い出せません。

シーズン22まで絡みなしで来れたのが驚きです。

ヒッチコックの鳥のパロディ

マッケイさんの車に度々スクーターがぶつかって来るシーンは1963年アルフレッド・ヒッチコック監督の映画「鳥」のパロディです。本エピソードのタイトル ”The Schoots” も ”The Birds”を連想させます。

スヌーピーのパロディ

マッケイ先生が町中のスクーターを回収するシーンは1986年の”It’s The Great Pumpkin, Charlie Brown CBS Special”でスヌーピーがハロウィンパーティに潜入するシーンのパロディになっています。

グリンチのパロディ

さっきのシーンの続きで回収したスクーターを崖から捨てる場面があります。

この崖は1957年絵本「グリンチ」にでてくるマウント・クランピットに似ています。

メーガン・ケリー

配るお菓子が無くなったスティーブンはジンボにお菓子をもらいに行き、怒られます。

「どういうつもりだふざけんな!仮装すらしてねえじゃねえか!」

「してるよ!俺はメーガン・ケリーだ!トリックオアトリート!」

この「俺はメーガン・ケリーだ」と言ってのける神経に爆笑しましたね。要素が一つもないのに。

メーガン・ケリーとはいったい誰なのでしょうか。

メーガン・ケリーはアメリカのコメンテーターで本エピソードの本放送4日前に「ハロウィーンに白人が顔を黒塗りにしたり黒人が顔を白塗りにしたりして何が悪いの?差別なの?」と発言し炎上した人です。

4日前に炎上した人をネタにするスピード感もまた、サウスパークに魅力の一つです。

Megyn Kelly in hot water for blackface comment

コメント

タイトルとURLをコピーしました