サウスパーク感想 Basic cable s23e09

s23

オープニングはカウボーイ・ビバップのパロディ。

スコット・マルキンソン・ショーということで、糖尿病で舌足らずないじめられっ子スコット ・マルキンソンが主役です。

Basic Cable
Scott Malkinson’s desperate to impress the new girl in his class.

 糖尿病の転校生ソフィーとスコットの恋愛の行方とケーブル会社のリペアマンであるクラーク(スコットの父)が引き起こす騒動が軸で展開されます。

物語の土台としてケーブルTVがストリーミング・サービスに取って代わられつつあるということがあります。本エピソードにおいてはケーブル会社はとんでもなくグータラに描かれていて、現実でのサービスの悪さを皮肉っています。

新キャラの転校生ソフィー・グレイがいい子でかわいいです。ソフィーの元ネタはX-MENのジーン・グレイ(女優ソフィー・ターナー)。

X-MENでジーンと恋に落ちるウォルブリンというキャラがいるのですが、終盤スコットがそれっぽい雑な仮装をするシーンがあります。

今回は殺人も下品もありません。サウスパーク史上まれにみるいい話である一方、残念ながらオチが弱いです。

英語学習の観点からは、電気工事関係の単語の勉強にはなります。

あらすじ

マルキンソン家の朝のシーンです。ストリーミング・サービスのディズニー・プラスを父にねだるスコット。

この要求にクラークは「うちにはケーブルがあるだろ!」と一蹴します。

ケーブルのリペアマンであるクラークはケーブルに誇りを持っている様子。

学校のシーン。スタンたちのクラスでは、新キャラの女の子ソフィーが転校してきました。

「アリゾナ出身でサッカーとマンダロリアンが好きで、あとちょっと変わってるけど私は糖尿病なの」という自己紹介を聞き、

スコットは自分との共通点である「糖尿病」に反応してソフィーに一目惚れしてしまいます。

And, um I guess one thing about me that might be kind ofdifferent is that I have diabetes.

えーと、一個だけちょっと違うところがあって、わたし糖尿病なの。
I have a thing called diabetes. It’s a condition that affects the way my body processes sugar.

糖尿病っていうのは体の中の糖の代謝方法に影響がある状態なの。

guess one thing about me that might be kind of とか have a thing called みたいに、言いにくいことを遠回しに言う言い回しが参考になります。

scholastic adventures 学校という名の冒険

The Mandalorian 2019/11にディズニー・プラスから配信されるスターウォーズのスピンオフ作品。ベビー・ヨーダが出てくる。

かわいくない

ランチ中、いかにソフィーに惚れたか力説するスコット。

まだ話したこともないくせに「僕の愛しい人」「彼女を愛している」などと発言しており、かなり気持ち悪いですね。

周りにはいつも通りほとんど相手にされず、バカにされてしまいます。

If you and Sophie have a baby, it’ll have superdiabetes.

もしお前とソフィーが子供つくったら、その子はスーパー糖尿病になるぞ。

あとジミーもかなり気持ち悪いことを言っていますが、それはあえて書きません。

my boo 僕の大切な人

That girl is pretty fly  あの子超イケてる

stiff competition 激しい競争

Mバーガーの店員は「マクドナルドにようこそ」と言っています。(うっかり?)

I’ll be there as fast as I can!

できるかぎり速くいく!

クラークは最近顧客を失いつつあるケーブル会社の勤務中、出動要請に即時対応するふりをしてドライブスルーに直行したり、ボーリングをしたりするなどふざけた働き方をしていました。

Can I take your order?  注文をどうぞ

window 枠

The cable company gave us a window of noon to 5:00for you to show up. It’s 5:15.

ケーブル会社は正午から5時の間であなたがくるっていってたのに、今5:15だぜ。
Only 15 minutes late.

たった15分遅れただけだ。

ようやく現場(ストッチ家)に到着したクラークと依頼主スティーブンとの会話。

会話の内容からクラークは出動要請から5時間以上遊んでから駆け付けたことがわかります。

want quantity over quality 質より量を求める

bond over 絆を深める、仲良くなる

授業の終わりにソフィーに声をかけるゴスキッズのピート。

「(ゴスの背高い奴)あいつはポーザーだ」

「スコッツデール?あそこは好きだ」

などゴスのアイデンティティをかなぐり捨てて積極的にアプローチしています。

そんな奴だったっけ?

出番なし

ゴスの背高い奴 (マイケル)

Watch it, dork. どこ見てるんだマヌケ。

sure thing 了解

ソフィーと一緒にマンダロリアンを見る約束を取り付けたスコットは再び父にディズニー・プラスに加入するようお願いをしますが、それをクラークは断固拒否。

さらに自分の息子のモノマネをしてバカにします。

People got a thousand shows at their fingertips 24/7, so now Hollywood has to make shows within their shows to make more shows!

指先に四六時中1000もの番組がある。そのために今やハリウッドは番組内で番組をつくってるんだよ。もっと番組をつくるためにな!
But, Dad, what’s wrong with people watching what they wanna watch when they wanna watch it?

でも見たいときに見たいものを見ることの何がいけないんだ?

このセリフ早口言葉みたい。

It’s time we took all these streaming services down.

すべてのストリーミング・サービスをダウンさせる時が来た。

町中すべてのインターネットの電線(電話線?)を切ることを決意するクラーク。

なぜサウスパークの大人たちは急に過激な決断を下すのかは毎度のことながら不明。

uncouple 連結を解く 切り離す

laid the cable ケーブルを敷く

stranded conductor より線

insulation 絶縁

彼女がいたことがあるカートマンにアドバイスをもらいに来たスコット。

「糖尿病も恋愛もコントロールしてやるさ」というスコットに対して

「2年ぐらい死にたい気持ちが続く」

「ディズニーみたいなハッピーエンドはない」と諭すカートマン。恋愛で相当苦労したらしい・・・。

Relationships are diabetes times 10.

恋愛は糖尿病の10倍(難しいぞ)。

街の地下のケーブルを切断するケーブル会社のリペアマンたち。

全員半ケツだ。

You’re better off やめた方がいい

retractile cables 伸縮ケーブル

cable splitter 分配器

that’s pricey 値が張るぞ

カートマンに教えてもらったストリーミング・アカウントの売人(ネイサン)にディズニー・プラスを売ってもらおうとするスコット。

インシュリンがシャブみたいな扱いです。

spoilers ぶち壊し屋

count on ~を頼りにする

スコットはついにソフィーとデートをすることになりました。

楽しそうで良かったと思うのもつかの間、ストリーミング・サービスが映りません。

チャンネルをいじったりしているうちに「ジミーの家に行こうよ」と言ってソフィーは出て行ってしまいます。

そのころジミーの家ではスタンたち4年生が集まって「ザ・マンダトリアン」を見ようとしていました。

ですが、こちらもストリーミング・サービスは映らず、皆いら立っていました。

Hope it’ still okay to come over. 入っていい?

Sure. Come on in. もちろん。

ソフィーの丁寧な聞き方が好ましいというシーン。

dignity  尊厳

Can I have time to unpack the shit in my room?

部屋に戻って荷物開けてもいいかしら?

周りの4年生の男たちがソフィーに愛想を振りまくことにいら立ったスコットは、パイを体に塗りたくって威嚇します。

「ソフィーは俺の彼女だ」というスコットに対し、

「ちょっと、私あなたの彼女じゃないわ」と言うソフィー。

糖尿病だから惚れたとか言われても微妙だから仕方ない。

落ち込んだスコットは一人夜の学校へ。

雪がチラチラ降ってて寒そうですね。

失恋を示す血糖値測定器。いらない機能だけどハイテクだ。

I kind of like なんか好きかも

最後のシーン。

校庭の遊具にスコットが一人で座っているところに

「(血糖値)低いでしょ?」といってアメを渡すソフィー。

女神か。

I don’t think you’re any weirder or grosser than any of the other boys in this town.

この町のほかの子に比べてあなたは変だとかキモイってことはないわ。
Wow, That’s the nicest thing anyone’s ever said to me.

ああ、他人から言われた言葉で一番素敵だ。
I’m sorry you missed your show, Sophie.

ごめんね。ショー見逃しちゃって。ソフィー。
I don’t know what happened but, somehow I feel like it was my fault.

何が起きたのかはわからないけど、たぶん俺のせいだ。
It’s okay. I had an interesting night. I think I kind of likethe “Scott Malkinson Show.”

大丈夫よ。楽しい夜だったわ。「スコット・マルキンソン・ショー」もなんか好きかも。

楽しい夜だったわ。「スコット・マルキンソン・ショー」もなんか好きかも、だって。

ヒュー。なんだこのいい話は。

まとめ

話がきれいすぎましたね。非常に物足りない!

新キャラを最後べチャッと車で轢くとかそういうこともなく、普通にいい話として終わりました。

ちなみに使い捨てにされた新キャラとして思い浮かぶのはs10e10初登場のエレン先生です。

登場した10話のおわりでさくっと死にました。

ソフィーが長生きしてくれることをお祈りしています。

終わり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました