スポンサーリンク

もうこれ犯罪だろ!サウスパーク制作陣、最新技術で悪ふざけ

スポンサーリンク
サウスパーク
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

2020年9月末、待ちに待ったサウスパークのシーズン24が始まりました。

そうです。「パンデミック・スペシャル」ですよね。

その後1か月後にみんなが思ったことは・・・

・・・・あれ・・・?2話以降は・・・?

Hi,

I can’t seem to access any of the season 24 South Park episodes,

via the app, the website, or Hulu.

Is it a glitch?

こんにちは。

アプリ、ウェブサイト、またはフールーから、

シーズン24のサウスパークのエピソードにアクセスできないようです。

不具合ですか?

ツイッターより

ツイッターでサウスパーク公式が新しい投稿をするたびに、

「2話はまだか?」

「待ちきれない」

「(大統領選の混乱を見て)これ、2話だろw」

といった視聴者の書き込みが増えていきました。

サウスパークの制作者たちは、

サウスパークを作らずに、

何をしているのでしょうか。

スポンサーリンク

サシー・ジャスティス、爆誕

2020年11月1日、謎のアカウントサシー・ジャスティスの投稿を、

サウスパーク公式がリツイートしました。

サウス制作者たちはなんと、サウスパークを作らずに

新コメディ「サシー・ジャスティス(生意気な正義)」を作っていたのです。

When do we get episode two?

We need justice.

JUSTICE!

二話はいつなの?

ジャスティスが必要。

ジャスティス(注:主題歌のフレーズ。この方は一瞬で洗脳されたと思われる。)

ツイッターより

サシー・ジャスティスは新技術ディープフェイクを用いて、

有名人の姿でその人が絶対言わないことを言いまくるという、

いかにもアウトくさいサウス制作者らが手掛ける実写コメディ新シリーズです。

主題歌が古臭い、ダサい。

しかしそれが古き良きサウスパークの実写のノリなので

すんなり受け入れられます。

あいさつ代わりに身障者揶揄

我々は眼を頼りに現実を認識します。

視覚障害者を除いて

彼らがどうやってるのかはわかりません。

https://youtu.be/9WfZuNceFDM?t=64

私たちは目で見て現実の映像とCGの区別をつけます。

しかし視覚障害者はそれができません。

そのことが冒頭で述べられています。

絶対いらないシーンですよね・・・。ひどい。

過去にサウスパーク制作者らはカートマンに

「ハンディキャップは神様がおいらを楽しませるために作った」

とわざわざ言わせるほどなので、

身障者に対してはこだわりを持って丁寧に差別したいようです。

アル・ゴア登場

when Parker got to see himself digitally altered to look like Al Gore,

he said, “It was the first time I had laughed at myself in a long time.”

パーカーは自分自身がデジタルでアル・ゴアのように変身しているのを見たとき

久しぶりに自分で自分を笑った」と語った。

https://www.nytimes.com/2020/10/29/arts/television/sassy-justice-south-park-deepfake.html

ディープフェイクを使って

詐欺アーティストが故意に我々の目を欺いたら、

我々は視覚障害者以下になるかもしれません。

民主主義が脅かされています。

ディープフェイクの脅威について警鐘を鳴らす政府関係者の一人、

アル・ゴアさんにZoomインタビューしました。

ということでディープフェイク版アル・ゴア登場です。

本当にアル・ゴア好きですねサウスパークは。

最初見た時、「えっ、本物?」と思って調べてしまいました。

冷静に見たらディープフェイクでした。

これはトレイ・パーカーがアル・ゴアを演じているのですが、

サウスパークでさんざんやった

シリアルネタをまた連発しています。

さらにゴアが絶対言わないであろう

Vagina poop(マンカス)”も連呼。

20年間馬鹿にしてきたのにまだ馬鹿にし足りないようですね。

流石にこれ以上アル・ゴアに粘着するのは悪趣味だと思います。

私は大笑いしましたが。

トム・クルーズ?

トム・クルーズのディープフェイク・・・ではなく人形が登場し、

汚い言葉を言わせています。

これは過去にトム・クルーズに訴えられているので、

ディープフェイク版トム・クルーズは作らなかったのでしょう。

今回また訴えられたらたまりませんからね。

馬鹿にしたい、でも訴えられたくない。

一体何をしているのでしょうか。

だったらトムは出さなきゃいいのにと思ってしまいます。

さらに、スカーレット・ジョハンソン、トム・ハンクス、

キャリー・アンダーウッドの人形が登場し、

同様に汚い言葉を言います。

キャリー・アンダーウッドはなぜか裸の人形です。

訴えられそうですね。

イヴァンカ・トランプ

今回最も違和感あるディープフェイクである

イヴァンカ・トランプの登場です。

トランプ大統領の娘ですね。

小刻みに震えているのと、

いつものように女性声優を雇わなかったため

モロに男声であり、迫力があって怖いです。

シャイアンの透析王マーク・ザッカーバーグ登場

シャイアンの透析王って何なんでしょうか。

フェイスブックの創始者マーク・ザッカーバーグがなぜか

バーガーキングのハンバーガーを勧めるような軽いノリで、

人工透析による治療を勧めてきます。

盛大にディープフェイクされて無駄に動きまわり、喋りまくる割に、

顔面に全く生気が無いため動く死体のようです。

是非、動画を見て頂きたい。

ドナルド・トランプ登場

良識のある私の判断でモザイクを入れています。

トランプさん、あなたは脳卒中ですか?それとも身障者をバカにしてるんですか?

https://youtu.be/9WfZuNceFDM?t=470

身障者をバカにしたような動きを見せるトランプ

今回一番きわどいシーンです。

悪ふざけが過ぎます。

ディープフェイクのクオリティが凄すぎて、

まるで本物のトランプみたいです。

これがディープフェイクの力か・・・。

凄い時代になったものです。

ジャレッド・クシュナー登場

妻のイヴァンカ・トランプがでたので夫のジャレッド・クシュナーも出てきました。

トランプ大統領の娘婿&大統領顧問ですね。

演じるのはトレイ・パーカーの7歳の娘ベティ・パーカー

結構ノリノリでセリフを読んでいて良いです。

自分で書いたと思われる「反ディープフェイク・クラブ」の旗もかわいい。

作者が伝えたかった事

この作品を通じて作者が伝えたかったことは、2つです。

1つはディープフェイクは怖くないよ!ということです。

楽しい作品にも使えるんだよということが

伝えたいことなのだと思います。

もちろん、悪意を持ってディープフェイクを使う輩も

今後は出てくると思います。

これまで我々は映像に対して大きな信頼感を持っており、

防犯カメラのような不鮮明な映像でも、

証拠として利用してきました。

でもこれからは例え衝撃的なスクープ映像を見ても、

すぐに拡散してはいけないようになるでしょう。

まず精巧なディープフェイク映像かどうかをよく確認する。

そうしなければ嘘を拡散してしまい、

取り返しがつかないことになるかもしれません。

もう一つは、サウス制作者が

新しいオモチャを手に入れたよ、

ということです。

これからはサウスパークではなく、

このディープフェイクを使ったコメディの制作に移行するのではないでしょうか。

サウスパークのファンとしては少し寂しいですが、

2020年はとにかく、現実がサウスパークを超えていました。

2020年をサウスパークで表現することは困難なのかもしれません。

来年に期待です。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました