スポンサーリンク

サトシ・ソウザ選手、堀口恭司に続きRIZINベラトール二冠挑戦へ

スポンサーリンク
格闘技
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

サトシ・ソウザ選手が大晦日矢地選手に快勝。リングでベラトール挑戦をアピールしました。

スポンサーリンク

ベラトール日本大会が2022年3月に計画される

RIZIN榊原信行社長は来年、ビッグ・ファイト、ロベルト・サトシ対パトリッキー・ピットブルのチャンスについて語った。ベラトールとRIZINは3月に日本で大きなショーをする可能性があるからです。面白い。

スポンサーリンク

RIZIN初代ライト級王者サトシ・ソウザ選手のコメント

BELLATOR 272 「堀口恭司VS.セルジオ・ぺティス」について

サトシ選手は自身のyoutubeで、

「堀口選手がRIZINを代表してベラトールと戦って負けたから悲しい。まだ何も決まってないけど、榊原社長が行ってこいと言ったら私がRIZINを代表してベラトールに行き、堀口選手の仇をとりたい。」

と語りました。

スポンサーリンク

ベラトールライト級王者パトリッキー・ピットブル選手のコメント

ブルーノ・マッサミ氏(ブラジルの格闘技記者)「パトリッキーは日本で戦いたがっているし、いいアイデアなんじゃないか?」に対して

「私の日本好きはみんなの知るところだ!」とコメントしました。

パトリッキー選手はさらに

来年僕とサトシの試合Rizin でやりたいて、榊原さん言うたみたいです。」と、

なぜか流ちょうな関西弁で投稿しました。

スポンサーリンク

サトシはパトリッキーに勝てるか

RIZINより

RIZINライト級GP覇者のムサエフと準優勝のパトリッキー選手はほぼ互角のストライカーです。試合はムサエフが判定で勝ちました。

また初代ライト級タイトルマッチでは、打撃ならムサエフ有利だと言われていましたが、サトシ選手はムサエフの打撃を一切出させず、一方的に寝技で仕留めました。

ムサエフと同様に生粋のストライカーであるパトリッキー選手も、サトシの寝技に対しては不利でしょう。

1Rから全力で組み付いてくるサトシ選手をパトリッキー選手がどうやって振りほどくかがか勝利の鍵です。

スポンサーリンク

まとめ

パトリシオ・ピットブル・フレイレ

ベラトール日本大会が2022年3月に計画され、サトシvsパトリッキーがメイン。

二人ともお互いを意識していて、かなりやる気がある。

実現するかはコロナ次第である。

何かあればまたここへ追記します。

いじょうです。

スポンサーリンク
格闘技
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヤマッシをフォローする
スポンサーリンク
ヤマッシナブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました