新しいことを習慣づける方法

薬物
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

辛いことを一生続けるのは無理です。あきらめましょう。さようなら~。

私は死にました。

スポンサーリンク

辛いことを一生し続けるのは無理

生き返りました。

今まで数えきれないほどの目標を掲げては無かったことにしてきました。

そのたびに「自分はダメな奴だ」と悲しんでいました。

毎日英語勉強しよう←無理。

毎日ピアノ練習しよう←無理。

毎日サッカーしよう←無理。

リフティング1000回しよう←無理。

毎日1km走ろう←無理。

毎日筋トレ←無理。

毎日縄跳び←無理。

毎日カメに餌あげよう←無理。

就職して3年は働こう←無理。

職場で喧嘩するのやめよう←無理。

痩せよう←無理。

毎日料理しよう←無理。

毎日ブログ書こう←無理。

積み立て兄さんの勉強←無理。

FXの勉強←無理。

簿記の勉強←無理。

何にもできてないですね~。

もちろん、誰かに脅されればできますよ!

でもそれじゃあ奴隷、家畜なんだよ!

そんなのはいやだ!

自分で自分のケツをたたけるようになりたいんや!

心が折れそう・・・

スポンサーリンク

辛いけど「しない事」だったら一生続けられるかも

なんにもできない人生だった。

しかしできたことが一個あった。それは「禁煙」。

禁煙はできた。

辞めるまで1日10本くらいを10年ぐらい続けていた。

結構長いこと吸ってたなあ。

なぜ辞めれたのか。

わからない。

意思の強さとは関係ないと思った。

私の意思は弱い。

他の続けられなかったことと違う部分はなんだろう。

それは「しない」に分類される事柄だという点だ。

他の続けられなかったことは全部「一生し続ける」のに対し、禁煙が続いているのはタバコを吸わ「ない」という「一生しない」ことだったからだ。

違いはそのぐらいしか考えられなかった。

じゃあなんで禁煙は意思の強さとは関係なく一生「しない」でいられるのか。

タバコを吸うという行為はタバコを買う、タバコを口にくわえる、タバコに火をつけるという3つの動作から成ります。

私は喫煙しない」ということが頭にあれば、3つの動作を完遂する前に思いとどまれると思いました。

逆にもし辞めたいことが「1つの動作で終わる」ことだったら?

これは辞められないのではないかと思います。

例えば火のついたタバコを口に入れられたら、私は吸うと思います。

1動作だからね!

スポンサーリンク

「一生しない」ことを「一生する」ことに変えられるか

辛いこと、苦痛を伴うことであっても「しないこと」なら「禁煙」と同じで一生続けられる気がする!

なんとか何かを「一生しない」ことで生じるサイド・エフェクトで何か良い習慣を「一生する」ことはできないのか?

もっと言うと例えば一生太らないようにダイエットし続けられないのか?

私は考えました。

そしてたどり着きました。

一日1000kcalダイエット!!」

スポンサーリンク

一日1000kcalダイエットとは

文字通り一日の摂取カロリーを1000kcalにするというもの。

とてもシンプルです。

いや待て待て!と思うじゃないですか。

食べて運動するのが一番いいって言われてるでしょうって。

そんなことは知ってます。

あの亀田興毅とかいう怪しげな手口で世界のベルトを盗み取って日本中から嫌われた後フィットネス業界にぶら下がって生き恥を晒しながら世間が忘れてくれるのをひたすらまっている三階級制覇なのに誰からも尊敬されてないペーパーチャンプみたいな奴も「一日2200kcal食べて一時間運動しよう」とか言ってますよね。

そりゃあジムに金払ってトレーナーにシバいてもらえば誰でもそれができると思います。金があれば。

でも無理やねんて!

金がない。あってもお前ら嘘つき共に払いたくない。

それに私はいつかはひとりで生きていかねばならないのです!

亀田に頼っても亀田は私より先に死にます。

だから自分で自分のケツをシバきたい

私には一日1000kcalダイエットしかないんです。

スポンサーリンク

一生一日1000kcalしか食べ「ない」は一生できそう

栄養バランスがー!とか、運動ー!とか、基礎代謝がー!とか、一日3食にしなきゃ!とか、

何も気にしません

あんなの全部嘘だ!だってめんどくさいもん!

カロリーの本(厚生省か文科省だかの無料のやつ)を見ながら一日1000kcalになるまで食べる。

1000kcalになるまで食べたらもう食べ「ない」。

あとは腹が減ったら水道水を飲むか寝る。

私はこれで6キロ痩せました!(本当)

スポンサーリンク

2週間で6キロ減

私はこれを実践して2週間で6キロ体重を減らすことができました。うれしい!

どうやら1000kcalまでしか食べ「ない」、というのがシンプルで私に合っているようです。

今まで運動を習慣づけようとしていたので、毎日1km走らなきゃ、毎日筋トレしなきゃといった無理なことをしてきました。

当然全然続かず、痩せませんでした。

でも今6kgも減りました。

パンパンだった顔の輪郭が元に戻りました。よかったね。

あの足首痛いのに走ろうとして、テーピングしてというあの辛い日々は一体何だったのか・・・。

ちなみに亀田興毅氏のサイトによると、体重1kg減らすのに7000kcal消費する必要があるらしいです。

成人男性の基礎代謝が1700kcalと仮定して1日の摂取カロリーが1000kcalならば10日で1kg減る計算です。

これからさらにゆっくり落としていきます。

スポンサーリンク

「ない」の法則を応用して新たな習慣づけを!

辛いことを「する」習慣づけは失敗するが、「しない」ことならば成功するらしいという知見が得られました!

発想の転換で何かを「しない」ことで新しく何かができれば、三日坊主だと諦めていたことを習慣づけられるかもしれません。

いろいろなことに応用したいですよね!

スポンサーリンク

最後に

「禁煙」と「ダイエット」をすることができた私は今度は「運動」を習慣づけたいと思いました。

最近あんま食べないせいで手足が冷たく、散歩で息切れしてベンチで寝そうになります。

運動して体力付けないといけません。

でもこれは難しいですね。

何かを「しない」ことの副作用で運動をするにはどうしたらいいのでしょう。

「午前中は家にいてはならない。サッカーボールを持って公園にいなければならない」というのをやろうとしたのですが、だめでした。

それだけだと30分くらいボール蹴ったらあとは疲れてサッカーボールを持って公園に立ち尽くす不審なおじさんになっただけでした。

難しい!

難しいけど自分で考える!

おしまい!

スポンサーリンク

画像について

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com) からとってきました。

モデルはyumikoさん、
カメラマンはすしぱくさんです。

スポンサーリンク
薬物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヤマッシナをフォローする
スポンサーリンク
知らスシ東京

コメント

タイトルとURLをコピーしました