スポンサーリンク

RIZIN33大晦日 朝倉海vs井上直樹 予想

スポンサーリンク
格闘技
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

RIZINバンタム級ジャパングランプリ決勝トーナメントを、

優勝候補の二人が圧倒的な強さで勝ち上がってきました。

お兄ちゃんにおんぶにだっこ肩車に松葉崩しこと朝倉海選手と、

日本語が不自由なサイレントモンスター井上直樹選手の一戦です。

スポンサーリンク

朝倉海と井上直樹のお互いの評価

朝倉海選手は「レベルが違う」「普通に勝てる」。

井上選手は「朝倉海に勝てる。速くもないし力もあるとは思わない。」「パンチは多彩だけど当たらない」と発言。

朝倉海選手の発言は具体性がなく根性論ですが、井上選手は朝倉海のスタイルを分析したうえで冷静に評価している印象です。

スポンサーリンク

他の格闘家の予想

平本

普通に井上直樹君かなと思うっすね。

矢地

井上選手が固くとる気がするなあ。

スポンサーリンク

直近の試合の振り返り

海vs渡部修斗

打撃勝負を完全に捨ててきた渡部選手のフロントチョークの形に入られるもかかりが浅くて抜ける場面、井上選手だったら一本取っていそう。

最後はパウンド8発でKO。 渡部選手は最初の一発で真っ白いイナズマが見えたらしい。海選手も最初の一発で飛んだのが分かったのでパウンドを打ち続けた。

海vsヤマニハ

1Rは激つよカイトラマン、膝やボディ打ちなどかなりいい打撃が入っているのにヤマニハ選手には効いていない。

2R以降失速しました。序盤に右手を骨折していたらしい。

ヤマニハ選手の耐久力とスタミナが異常です。ステロイドでは?

ヤマニハ選手にバックに付かれてしのぐだけの場面があり、井上選手なら一本取っていそう。

カーフキックを警戒してパンチに対する反応が悪くヤマニハ選手の左を結構もらっていた。

井上vs石渡

石渡が残念ながら首を傾けると腕が上がらなくなるほど頸椎が悪く、右のオーバーハンドを繰り出したら肩関節が亜脱臼して拳が明後日の方向に飛んで行ったらしい。

あまり参考ならない試合でした。

井上vs金太郎

井上選手が小刻みなステップを踏みつつジャブ、前足のロー、関節蹴りだけで勝った。

左で強く蹴れない海選手と違って井上選手の左の外ローが強力で、金太郎選手の右のふくらはぎは真っ赤でした。

金太郎の打撃が1,2発しか当たってないのに鼻から出血していた。

スポンサーリンク

おまけ:朝倉海ステロイド疑惑

朝倉海選手といえばバンタム級離れした大きくてバキバキに絞られた上半身から繰り出される、

佐々木憂流迦の顎を粉々に砕いた腕力が特徴です。

そして左右に離れた腹筋。この腹筋は腹直筋離開(ふくちょくきんりかい)といい、妊婦さんやステロイドユーザーがなる症状です。

ステロイドの副作用によって内臓が肥大する、または妊娠によってお腹が大きくなることで腹直筋が左右に離れるようです。

朝倉海選手はステロイドなのか?

朝倉未来も「弟を抜き打ち検査したほうがいい」と言っています。

しかし朝倉海選手は「いつでも検査していいよ」と笑顔でドーピング疑惑を否定しています。

朝倉海選手は堂々と否定してるのでシロなのかなと思わざる負えません。

というのもRIZINは検査をしているなら検査結果を公開すればいいだけなのですが、なぜかそれをしません。

PRIDE時代から20年で一度もドーピングで失格になった選手がいないのはおかしなことだと思わないのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

スピードと打たれ強さは互角、打撃力は朝倉海選手、寝技とメンタルは井上選手が有利といったところですね。

朝倉海選手は勝ち方に固執してしまうタイプですので、得意のボクシングにこだわって作戦を立てるでしょう。

追加情報があればこの続きに書き足します。

いじょうです。

スポンサーリンク
格闘技
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヤマッシをフォローする
スポンサーリンク
ヤマッシナブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました